2016年5月10日英国ケンブリッジ-英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、以下ARM) の一部門であるGeomericsは本日、Star Wars™ Battlefront™などの主要ゲームタイトルで採用されているEnlighten™ のリアルタイムライティングテクノロジで、国際的な不動産市場向け仮想住宅展示場の構築を目指して展開していくと発表しました。同テクノロジは、オーストラリア企業のYugen社にライセンス供与されます。同社は、不動産を売却する予定のデベロッパー向け、または現場を訪れることができない投資者向けに住宅展示場を仮想化しています。バイヤーが完全に没入した体験を得られるよう、同社はUnreal® Engine 4 とEnlightenを使って3D仮想モデルを作成します。これによりクライアントは昼と夜の不動産を見ることができ、設計要素をリアルタイムで変更できます。それぞれの変更が資産のライティングにどのように影響するのかも即座に確認することができます。

“「現実感のある3D仮想化を作成するにあたり一番の課題は、ライティングをレンダリングする際にかかる時間です。シーン内のオブジェクトを変更すると、これまではその結果を目にするのに何時間もかかっていました。」と同社ディレクターのJeremy Santi氏は言います。「Enlightenはリアルタイムにフィードバックされるので、弊社の環境はお客様にとってとてもダイナミックな体験をできるものとなっています。ライティング効果を作り出すのにかかる時間が大幅に短くなっています。」”

“「Enlightenの技術のおかげで、弊社のお客様は、最終的な資産の感触を掴むことができ、土台ができる前から完全なインテリアデザインを作ることができます。」と、ARM社のゲームミドルウェア担当副社長のChris Porthouseは言います。「ワールドの中のどこに置くかは問題ではありません。バイヤーは、自分達が投資しているものを正確に目にすることができ、納得のいくものになるまで細かな変更をリアルタイムに行うことが可能です。このように、リアルタイムに写真のようなリアルさでインタラクティブに仮想化できることは、デベロッパー、建築業者やプロジェクトマーケティング担当者にとって一様に大きな価値があります。」”

高品質でリアルタイムなグローバルイルミネーション。光がシーンの中でどのようにオブジェクトと相互作用するのかは、デジタルの仮想化においては非常に重要です。建造物の可視化で最大手コンテンツクリエイターであるEvermotion社が、このほど調査を行ったところ、建築物、エンジニアリングおよび建設部門においてこの技術に対する高い期待が明らかになりました。建築家、建造物可視化アーティスト、およびデザイナーなど500人を越える顧客を調査した結果、半分以上の回答者が動的なグローバルイルミネーションを自分の業界の重要資産とみなしていることが分かりました。

“「ゲームテクノロジを用いた建造物の可視化シーンに対するニーズが高まっていることが分かります。Arch-viz アーティストは、シーンの対話性や探検性を重視します。高品質で写真のようにリアルな見た目を求めます。」とEvermotion社CEOのPawel Gajlewicz氏は言います。「今日、最新のゲームエンジンおよび動的なイルミネーションソリューションのおかげで、建造物を可視化したい人達は、まだ建てられていないものを写真のようにリアルに作るという目標を、ほぼ達成できています。」”

終了

エディターによる注記

Geomerics 社のEnlightenテクノロジの例については、http://yugen.com.auを参照してください。Enlightenに関する詳細は、以下のサイトをご覧ください: www.geomerics.com.

ご連絡先

Alex Harrod
+44 7795 363057
ARM社米国および欧州、中東アフリカ担当PRマネージャー
Alexandra.Harrod@arm.com

Andy Winstanley
+44 1223 405244/ +44 7788 249712
ARM社米国および欧州、中東アフリカ担当PRディレクター
andy.winstanley@arm.com

Jeremy Santi
Yugen社ディレクター
jeremy.santi@yugen.com.au
http://www.yugen.com.au/

ARM 社概要

ARM (LSE:ARM, NASDAQ:ARMH) は、世界中の高度なデジタル製品のコアとなるテクノロジをデザイン。新しい市場を開拓し、業界や社会を変革し、世界中のつながっている人々に人知れずチャンスを作ることができます。電力効率と拡張性に優れたARMのプロセッサは、スマートフォン、タブレット、デジタルテレビ、企業インフラや「モノのインターネット(Internet of Things)」など、センサーからサーバーまで、コンピュータが関わるところならどこにでもインテリジェンスを提供します。

ARMテクノロジのライセンスを取得したパートナー各社によるARMプロセッサ搭載マイクロチップの出荷数は、800億個にのぼります。ARMは、Connected Communityとともに、開発、設計、エンジニアリングにおける革新を促進し、大手エレクトロニクス・メーカーによる短期間で信頼性の高い製品化に貢献しています。Connected Communityへの参加はこちらから: http://community.arm.com.

Yugen 社について

Yugen社は、不動産業界向けに対話型3D領域を構築しています。住宅用と商業用の不動産向けに、従来のハイエンド3D静止画と動画のフライスルーに加え、最新のヴァーチャルリアリティ体験を提供しています。Yugen社は、対話型の営業ツールを用意しており、顧客になる可能性のある人との次世代コミュニケーションが可能です。Yugen社の動的な環境は、グローバルにオンラインでストリーミング配信されます。

同社は、急速な発展を遂げるアジア地域にサービスを提供することを目的として、オーストラリアのメルボルンに設立されました。事業は、グローバル性をますます高めており、欧州、北米、南米にまで拡大しています。双方向領域の詳細およびプレビューについては、http://www.yugen.com.auを参照してください。

すべての情報は、いかなる種類の保証もなしに「現状有姿のまま」提供されています。本文書は、無料で、同社に帰するものとして、改変なく共有することができます。ARMは、ARM社(または同子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。© 1995-2016 ARM Group.