Enlightenソフトウェアの登場により、デザイナーはリアルな仮想世界を構築し、拡張現実体験を向上させることができるようになりました。

デジタルメディア業界のストーリー制作ツールとバーチャルセットの大手プロバイダであるVizrt社は、英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、以下ARM) の一部門であるGeomericsとパートナー提携しました。デザイナーは、Enlightenソフトウェアを使用して高品質の仮想グラフィックスを作成するための新しいツールを手に入れることができます。

業界最先端の動的グローバルイルミネーション技術であるEnlightenは、現在Vizrt社の3DシステムViz Artistにてリアルタイムな間接光を提供しています。Enlightenにより、仮想スタジオが生き生きしたものになり、Vizrtのユーザー体験は大きく変わりました。

EnlightenツールのすべてがVizrtの制作ワークフローに組み込まれているため、デザイナーは時間を節約できるだけでなく、美しいリアルタイムバーチャルアセット制作を可能にする素晴らしい創作キットにアクセスすることができます。

「グローバルイルミネーションは、今日のユーザーが求める映画品質のグラフィクス制作において最重要の要素です。Enlightenを次世代Viz Artist に統合することで、メディア業界に前例のない動的なライティング機能がもたらされます。」と、ARM社のゲームミドルウェア担当バイスプレジデントのChris Porthouseは言います。「Enlightenを使って高品質な間接光を計算することで、仮想スタジオに瞬時に光を当てることが可能になり、ワークフローが劇的に向上します。」

「Viz Artist内でAllegorithmicのSubstanceツールを有効にしてマテリアルを定義した後、リアルタイムのグローバルイルミネーション用にEnlightenを追加することで、我々のリアルタイムレンダラーで映画品質を実現することが可能になりました。」と、Vizrt社の主任コマーシャルオフィサーのFrancois Laborie氏は言います。「我々とARMのパートナー提携により、メディア企業はライブ制作フローに統合済みの、リアルタイムかつフォトリアリスティックな仮想グラフィックス制作ツールを手に入れることになります。」

Enlightenを用いたViz Artistは、今週NABでプレビューされます。詳細につきましては、sales@geomerics.comまでお問い合わせください。